熱海断食道場は源泉の温泉を所有しています。そして海・山・緑の素晴らしい 展望があります。晴れていれば、相模湾の美しい日の出を見ることができます。

酵素の働き、効果



熱海断食道場 牧内泰道物語

4. 酵素の働き、効果に着目

牧内泰道は、断食健康法の指導家であり、食事療法の指導家でもあった。
ことに体内酵素に着目し、体の老化とすべての病気の原因に酵素不足が関わっていると教えた。

便秘になる人は体内ミネラルと体内酵素が不足しているから、それを補うことです。
冷えると身体中の酵素の働きが低下し、免疫性が落ちます。
そこで冷やさないことが病気から身体を守ることになります

道場では野草の酵素液を毎日採り、体内酵素を補給していきます。
道場の研修に来ると、夜寝る前と朝、酵素を数回飲む。すると、どどっと沢山悪臭便が排泄され、ビックリする 。

道場にガンの人も来ますが、みなミネラルと体内酵素が不足している
ミネラルは武器で体内酵素は兵隊さんです。これで免疫を司り、防衛しているのです。
人は体内酵素が無くなって死ぬのです。
ガンの人は、体内酵素を奪ってしまうような食べものばかりを食べていたのです。

病気の原因の中で特に、身体を冷やす生活スタイルが病気を招いています。
「冷えが病気を起こしている」
冷えると身体中の酵素の働きが低下し、免疫性が落ちます。
そこで冷やさないことが病気から身体を守ることになります。

冷やさないための身体の芯の体温温度は摂氏38度です
脇の下の体温は36度5分が正常です。
芯の体温が摂氏37度位に下がると、酵素の一種の脂肪分解酵素
リパーゼの働きは50%に落ちてしまいます。
更に36度になると、殆ど酵素が働かなくなり病気となります。
病気は体内酵素とミネラル不足なのです。

冷たいビールは要注意
冷たいビールを飲みながら唐揚げなどの脂肪分を摂ると
先ず冷たいビールが内臓を冷やし腸内の酵素の働きが低下してしまい
そこに消化しにくい脂肪分が入ってくると、消化しないまま身体に
残ってしまい、肝臓内・血中にたまるのです。

クーラーをがんがんつけた部屋で過ごし、冷たい飲み物を飲むことも
同じて身体が冷えすぎてしまいます。

生野菜・夏野菜は身体を冷やす作用があります。
寒い季節にそんな野菜を摂っているとどんどん冷やしていくのです。
砂糖入り・甘いものも陰性で身体を冷やします。

小腸の絨毛が冷えると細胞分裂をしなくなり、
腸内が汚れ、酸性腐敗便が溜まってきて、免疫が低下し
血液の量が減少しますので、あらゆる病気になりやすくなります。

体温低下防止・身体を温めると病気をしなくなります。

(牧内泰道)





最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional